情報ビジネス学科

情報関連の知識と技術を学べる専門教育

コンピューターを使用し、Office全般、ネットワーク言語、情報通信技術論、情報メディア産業論等、情報通信関連全般を学びます。また、簿記会計、国際経営学、マーケティング概論、プレゼンテーションなど経営や企画・提案に関する学習も行います。

情報ビジネス学科

時間割

時間割

※上記カリキュラムは予定となっており、変更する場合があります。

カリキュラム一例

  • 情報通信技術論…情報・通信に関連する知識と技術一般を学ぶ
  • 情報メディア産業論…情報メディア産業の現状と将来の展望を学ぶ
  • コンピュータI~IV…Word,ExcelなどのOffice全般とHTML/CSS、JavaScriptなどネットワーク言語を学ぶ
  • システムデザイン…オフィスなどにおける業務効率化のシステムの作成を学ぶ
  • 商業簿記…商業活動における会計処理基礎を学ぶ
  • プレゼンテーション…企画・提案能力を養うとともにPowerPointの操作を学ぶ 等

取得資格一例

  • ITパスポート(国)
  • 文書処理能力検定試験3級、2級、1級
  • 日本商工会議所簿記検定
  • 全国経理教育協会簿記能力検定 等

先生から

吉川 智之(教員)

担当科目:コンピュータⅠ~I V、流通経営管理

 昨今、グローバル化、高度情報化が進み、我々を取り巻く環境・生活は大きく変化してきました。当該学科では、そんな時代に対応すべく、システムデザインやWebサイトなどコンピュータスキルを習得することはもちろん、情報活用能力、マネジメント能力、コミュニケーション能力、計数管理能力といった質の高い知識と技術が習得でき、社会の求められる情報通信技術に精通した人を育成しています。そして、就職して即ビジネスシーンで活かせるような事例研究や企業からの特別講座など、職業を意識した授業展開を行っています。 また、情報と経営の両方を専門的に学ぶことで、就職活動や仕事において、大きな“力”となります。我々、教職員一同、皆さんが簿記やITの資格取得をきめ細かく指導しているほか、生活指導や各サポートを行い、安全で安心、そして楽しく学べるよう全力でバックアップしていきます。皆さんも、情報そしてビジネスをしっかり学びたいと思うなら当校を選んでください。お待ちしています。


大坂 秀二(講師)

担当科目:プレゼンテーション、文書技術とコミュニケーション

 専門学校を卒業してから日本の会社で就職したい留学生の皆さん「日本で就職したいけど何をしたらいいのかわからない」そんな留学生にわかる「やさしい仕事の日本語」を大手貿易商社に長年勤務した実践経験とプロの日本語教師経験で教えます。 就職の夢をかなえる「ビジネス日本語力」の実力をつけます。日本語で、日本企業に働くことができるビジネス場面に必要な自己紹介、あいさつ、電話応対等の会話、プレゼンの実践力、仕事の言葉、ビジネス表現を身につけます。 日本での就職は、いくつかの大切なポイントがあります。お辞儀、採用面接時の受け答え、日本語の言葉使い、日本の商習慣に対する理解を深めます。日商簿記三鷹福祉専門学校で、一緒に日本企業や母国の日系企業への就職の夢をかなえましょう!

学科概要へ